AFM2009年09月05日 15時00分44秒

そんじょそこらに売ってない


8月もおわりだなぁー
なんて思っていたらもう9月5日じゃないですか。

で、今日本が届いたんですが
「あれ?何か頼んでたっけ?」と一瞬勘違いするほど速い対応。
うーん素晴らしい!怪物屋さん!

訳あって最新#45とはんぎょドン表紙のバックナンバーを2冊。
はんぎょドンは完成品のご依頼をいただいているので
その準備を兼ねて。

で、#45にはウチの「138」をニューキットコーナーに
白黒でちょっぴり紹介してもらってます。
うーんでもなんかインパクトねーな。。。
まぁあつかましくもタダでお願いしてるわけだし、
いろいろ褒めてもらっているみたいなんで(英語でね)
いつもありがとうございます!Thank you Mr.Fisher!

で完成品レビューのなかに「ミイラ男」のジオラマ発見!
規模は圧倒的にAFMのほうが凄いんですが、
ウチが先日やったのと雰囲気がとても類似していて
「人間って同じようなこと考えるもんだなぁ」
とちょっと嬉しくなってしまいました。
もし機会があったらご覧になってくださいませ。

でもそこらへんに売ってないのが難。
よってここでどうぞ
http://www.kaibutsuya.shop-site.jp/


しかし竹谷大王のエイリアンバストは
とんでもないことになってますな。
ある意味別のものになりつつある・・・笑。


「エイリアン5」があるのなら
アートディレクターは竹谷大王がいいんじゃない?

と思うのは私だけ?

だから仕事のテンションも上がる2009年09月09日 18時15分27秒

この黒い脚は・・・



涼しくなってきましたねー!
テンション上がりますよー!
(ふつう春とか夏ですよねテンション上がるのって)

カラッと乾いた晴天!
キンモクセイの香り!
夜には虫の声!

食べ物も美味しいしねー!
天高く馬肥ゆるから俺も肥ゆる!(なんで?)

毎年同じような事言ってます笑。
ということで作業もはかどるってもんです!


「B」のベースガシガシ進行中。
一枚板の上にポロポロッとそれらしい物を乗せて完成なら
こんなにおいしい仕事はありませんが、
いつものことながらそうは問屋が卸さないのがGG’R。
やればやるほど深みにはまっていく毎度のパターン。。。

でもね、一品モノの価値というか存在理由って
その辺に有るのかな・・・なんて自分で弁護したりして。


秋がそうさせるのか急に手持ちの「Z」を作りたくなりまして、
その辺も徐々に経過報告できればいいかなー
Ver.2ね。

プレート2009年09月13日 12時59分33秒

長い題名・・・


現在製作中の「B」にはちょっと大きめの
プレートを作ってみよう!

と、思い立ったのはいいのですが
こんなときに限ってすげー長い原題。。。
「WAR OF THE COLOSSAL BEAST」

古きよき時代のクラシックな雰囲気を出すため、
当時のポスターのような字体と配色を意識しております。
(インディアナ・ジョーンズみたい・・・笑。
実は「クリスタルスカルの王国」を流しながら製作してました)

画像のものはスカルピーで文字を造形して整形して、
まるでクッキーを焼いてるみたいにトースターでチン!
それをテープに貼り付けてグラデーション塗装を施し
側面を黒で筆塗りしている状態。

これをプレートのベースに貼り付けて完成。
なのですが、もしイマイチだったら却下するかも。
完成してのお楽しみ!

ベース本体も最後のアイテムの到着待ち。
やっとなんとかなるかな・・・!

クライアント様
もうしばらくお待ちくださいませ。

ベース その12009年09月15日 19時27分57秒

ちょっと前の画像


ここでベースの製作工程を公開するのは初めてですね。


まずだいたい頭の中で、もしくは絵に書き起こして
アタリを決めたあと近所のホームセンターへ行って材料の調達。
ここで困るのがこっちの希望通りの大きさや強度や形の材料が、
通常の一般販売品として販売されているとは限らないコト。
やっぱ加工が必要になってくるのですね。
材料にこっちがあわせていてはお話になりませんし。

で、便利なのが「端材」。

材木のカットサービスで生じる端材を
安価で手に入れることが出来るこの幸せな状況を
利用しない手は無いでしょう。
(丁度良い物があるとも限らないけど、かなり重宝してます)
入店して端材コーナーへまっしぐらな客は私ぐらいでしょうね笑。

画像①は一般品と端材を組み合わせて製作したベースのベース。
今回結構多彩に「盛る」予定なのでガッツリ作っておかないと
あとで痛い目に会います、もうすでにかなり重い。。。汗
このベースのポイントは手前をわざわざ傾斜させていること。

で画像②がその上から木粉粘土等を積んで地面を整形した図。
この時点で「盛る」モノを実際のせて配置を確定させます。
それに伴う地面の整形も忘れずに!


しかーし!私の悪い癖で、このような状況からでも
あとからあとから次々と変更希望が出てしまうので
非常に困ってしまうのでした。←実際困った。。。



つづく。

ベース その22009年09月16日 20時31分34秒

50%


ここまでくるともう覚悟を決めます笑。
側面は既に塗装済みで、汚れ防止のためマスキングを。
向かって左上の小板は、ここにあるモノをブチ立てるべく
固定させるための補強板。

地面をあーでもないこーでもないと配色を施し、(今回はエナメルで)
それらしくターフを敷いております。
やろうと思えばこの後いくらでも追加工作は出来るのですが、
地表はだいたいこのあたりで止めておかないと
実際アイテムを盛っていくのに支障が出ます。
まぁこの地面自体は半分以上隠れてしまうんですけどね。。。

しかし手を抜いていると後々自分で悔しい目にあうだけなので、
そこはそこでキッチリとガッツリと。


「細かい作業の積み重ねが、その作品のパワーとなる」


・・・と、大御所の某アニメ映画監督がおっしゃってました。
この言葉をいつも思い浮かべながら手を動かしております。



GK製作とはあまり関係ない作業のようですが、
私にとってはこれも立派なFinishWorksの一環。


今現在はここからさらに変わっていたりします汗。

さぁこのベースの上に何が盛られていくのか???
完成画像をお楽しみに!



こ、今週中にはなんとか・・・します涙。